Now Loading...

気づいたら過ぎてた、、、?塗装の最適な時期

塗装の時期

 

「外壁・屋根塗装って、どのタイミングで行えばいいの・・・」と、見極めって難しいですよね。

外壁塗装の塗り替え時期は、立地条件や環境によって多少耐久年数が変わってきますが、築10年頃が目安です。
外壁の塗装は風雨、乾燥、砂埃、紫外線、酸性雨など、様々な劣化要因を受け、外壁塗装は負担を蓄積し、少しずつ劣化していきます。
このため、一般的に、外壁の塗り替え時期として適しているのは、家を建ててから約10年目くらいの時期と言われています。

 

理想的な外壁塗装の塗り替え時期

おおよそ10年を目安に外壁を定期的に塗り替えることによって、家の美観と健全な状態を維持できますし、家の耐用年数が延び、住宅の資産価値も高まります。

塗料の役割は、単に外壁の美観のためだけではありません。大きな役割は外壁を守ってくれることです。ですが、普通に生活をしている内に、いつのまにか様々な劣化要因を受け、外壁を守るその塗装は少しずつ少しずつ剥がれていきます。

 

特に海が近くの建物は、塩害(劣化を早める一因)の被害もあるので、健全な外壁を維持することが家を長持ちさせる秘訣です。

 

外壁塗装の耐久性が無くなると、以下のようなことが起こっていきます。

外壁がひび割れる
外壁塗装がはがれて耐久性が無くなると、外壁自体がひび割れれきます。ひび割れが起こると共に外壁が反ってきます。
一度ひび割れが発生すると全体的に広がっていくこともありますので、外壁補強を含めた早急な対応が必要です。

 

防水効果の低下
外壁の防水性・耐久性が落ちると、湿気や雨などの水分が浸入します。
さらに内部まで侵入すると雨漏りなどの深刻な事態に発展します。

 

外壁内部が劣化
湿気や雨が直接外壁内へ入るため、外壁内部の劣化(腐食)が始まります。

 

さらに進行が進み、外壁に湿気や雨が入ると・・・
  • 外壁内部の腐食
    外壁の内部に湿気、水分が入り込むため外壁内部の腐食が始まります。
    腐食が進むと外壁が崩れてしまうこともあります。
  • 雨漏り
    壁の内部に水分が侵入し、住宅内部に水分が染み出してきます。
    壁の内部まで侵入してしまうと、外壁だけでなく内装費用もかかってしまいます。
  • 家の耐久性がどんどん落ちる
    木材や、コンクリートの腐食が起こり、強度が落ちます。
    腐食が進み家全体に歪みが起こると、「隙間」ができてしまい、断熱性も低い状態になってしまいます。

 

ひび割れ・雨漏りが起こる前に対応を!

ひび割れ、雨漏りがある場合は、かなり外壁の劣化が進んでしまっているケースも。
大切な家を守るために、塗装してから10年未満でも外壁のチェックはこまめに行い、早めの対応が大切です。

早めに外壁の補修を行う事ができれば、塗装の塗り替えのみで工事が終わりますが、外壁内部の腐食が進むと、外壁自体をリフォームすることになり、修理費用も格段に上がります。

このような理由から、外壁塗装の塗り替えがだいたい10年頃と言われています。

カテゴリ一覧